婚活で30代があらゆる方法を駆使して結婚する!

アラサー世代向けに結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティ、ネット婚活、facebook婚活、婚活アプリなどさまざまな婚活の方法を実践・体験・紹介していきます。

婚活コラム

目で追う心理は相手が好きだから?隠された本当の意味で考えられること

投稿日:

目で追う心理は自分でも無意識に働いてしまい、理由がわからない時があります。「これって恋なのか?」そんな質問を、自分自身に投げかけたことはありませんか。

目で追う心理についてよく考えると、相手に対してどのような気持ちがあるのか本当の部分が見えてきます。

好きな人の行動や話す言葉が、いつでも気になるのは自然なことですよね。いつ「好き」であることを自覚するのか。

目で追う心理について知ることが、最初のステップなのでしょう。それでは早速ですが、無意識にしてしまう女性を目で追う心理についてご説明しましょう。

目立つ人なので見てしまう場合

目で追う心理は相手が女性でなくても、動物や音、風景など色々なものが対象になります。特別な感情がなくても見てしまうこのようなシチュエーションは、異性がターゲットになることもあるでしょう。

視線の先に立っている人が気になる場合や、その場の雰囲気に合わないタイプなど、目立つ人は感情とは関係なしに思わず見たくなってしまいます。

派手な服装で目立つから

女性のファッションは、男性が気にすることのひとつです。中でも派手な色や体型がぴったりわかるようなワンピースは、相手を好きでなくても反射的に見てしまう場合がありますよね。

派手な人は年齢や性別に関係なく、興味本位だけで見てしまうことが時々あります。とても色っぽい女性が歩いてきたら、周囲の男性は誰もが一斉に振り返るでしょう。
そんな存在の女性を目で追うのは「好き」ということが理由ではありません。

周囲に聞こえるほど大きな声で話している

喧嘩口調で話をしている人や大声で話している人、周囲に聞こえるほどわざとらしいリアクションをしている人などはとても目立つ存在です。

そのためつい何が起こっているのか気になり、目で追う心理が働く場合があるでしょう。この時も特別な感情が土台にあるわけではないので、初対面でもつい対象になる人を見てしまいます。

会話の内容が気になり、興味だけで相手の行動を確認したくなる瞬間ですね。大声で話す人は、無意識のうちに周囲の視線を集めたい願望を持つでしょう。

「もっと見て」というつもりで、わざと大げさなリアクションをすることもあるのではないでしょうか。

特別な存在の人だから目で追ってしまう

相手に特別な感情を抱いているため、つい目で追ってしまう場合もあります。それは男女関係なく、自然としてしまう行為でしょう。
特別な存在が自分の視界に入っていないと、不安になってつい探してしまいますよね。

好きな人

好きな人を目で追ってしまうのは、すべてを知りたい願望があるためです。話し方や振る舞い、仕草やどのような人が周囲にいるのかなど。

これは片思いの場合によくしてしまうことで、好きな人が異性とどのような接し方をするかは気になるポイントになるでしょう。

シャイな男性は積極的にアプローチできず、遠くからそっと女性を目で追っています。いつか話がしたいと思いながらも、次の行動が起こせないのでストレスを感じる場合もあるでしょう。

興味を持っている人

男性は動物的な本能を持っているため、動物が獲物を探すように興味がある対象物を無意識に目で追っています。

自分にまったく関係のない人や嫌いな存在は、逆に見たくない対象になるでしょう。だからこそ目で追う心理が働く時は、相手が興味を引く何かを持っていることになりますね。

また多くの場合、それが自然と恋愛感情に発展していくでしょう。

相手とコンタクトをとりたいサイン

目で追う心理は、相手とコンタクトをとりたいサインです。話しかけるタイミングがわらかない時は、相手の隙を狙って近づかなければなりません。

そのチャンスを待っている時に、自然と目で追う心理が働く場合があります。無理やり視線を合わせて、相手に気がつかせる場合もあるでしょう。

話しかけたいから

好きな女性や興味がある人とは、コミュニケーションをとるチャンスを掴むのが大変です。自分の気持ちを相手に悟られるのが恥ずかしい人は、視線で相手になんとか気づいてほしいと思うでしょう。

また相手がグループの中心的な存在の女性だと、男性が話しかける時にとても目立ってしまいます。

そのため自分から近づけない相手には、向こうから行動をとってほしいと感じる場合も。そのような場面で相手を目で追う心理が働き、なんとか自分の存在を知ってほしいのです。

目を合わせてほしいため

目で追う仕草は消極的な男性によくある行為で、話しかけるのが苦手なため相手と目を合わせて距離を縮めようとしています。

じっと見つめた時に、相手がどのような反応をするのか。そんなこともチェックしながら、無意識に見てしまうのです。

目を合わせて相手が気づいた時に微笑んでくれるのか、それともさっと目をそらしてしまうのか。相手の態度次第で、今後のアプローチの仕方も考えなければなりません。

好きになる一歩手前

好きなのかどうかはわからないけれど、いつも目で追ってしまう人がいませんか。特定の女性だけにしてしまう行動の中で、自分でも意味がはっきりわからない場面もありますよね。

好きになる一歩手前になると、男性はいつもとは違う行動に出てしまいます。「なんであの人のことがこんなに気になるのだろう…」と感じる時は、きっと恋愛感情が芽生えている最初の段階でしょう。

いつも見ている

好きになる人や関心を持っている女性は、とても気になる存在です。大好きな笑顔や真面目な顔、怒っている表情など、あらゆる顔を知りたくなりますよね。
そんな興味が根底にあるため、自分の視界に好きな人がいるとつい手を止めて見たくなるでしょう。

遠くから好きな女性が歩いてきた時などに、緊張してドキドキするのはかなり本気になっている可能性があります。
そのため目の前にいたなら、恥ずかしくて目をそらしてしまうことも。このようなタイプの男性は、距離があれば好きなだけ見ていられるので安心なのです。

見られてもよいようにおしゃれをする

目で追っている女性と、偶然にも目が合ってしまう瞬間があります。その時にだらしない服装で髪型も崩れていては、きっと相手もがっかりして視線を送ってくることはないでしょう。

好きな女性には好感を与えて、好きになってもらいたいと考えます。そんな気持ちがあるとおしゃれにも力が入り、いつ視線が合っても大丈夫なように気を配るでしょう。

最近やたらと洋服を買うようになったなと思う人もいるはずです。そのような場合は、恋をしているサインの可能性がありますね。

話しかける

好きな女性や気になる人には、やはり男性からアプローチをしたいものです。勇気を出して声をかければ、もっと仲良くなれるチャンスでしょう。
話しかければ目で追うだけでなく、会話でお互いのことをもっと知り合うことができますね。

まとめ

目で追う心理は、自分の本当の気持ちの表れです。好きな女性の反応を知るために、わざとわかるように視線を送ることもあるでしょう。

もし相手が目をそらす場合でも、それで進展が終わってしまうわけではありません。素直に気持ちを表現できず、恥ずかしくて目を合わせられない女性も多く存在します。

目で追う心理で相手をいつも追いかけてしまう時は、勇気を出して次のステップに移ってみませんか。
拒絶しない相手なら恋愛に進展する可能性があり、男性の次の行動を待っている可能性もあるのです。

こんな記事も読まれています。



先月申し込みの多かったfacebookアプリランキング

pairs(ペアーズ)

pairs

男女比は 6:4 と理想的な数値。
国内最大級の400万人の会員を擁するサービス。女性は完全無料ということで、女性会員を増やしています。
1ヶ月プランでも、たったの2,980円と格安です。

Omiai(オミアイ)

検索

男女比は7:3と女性にとっては嬉しい比率。
メディア掲載実績が多数あり、そのため会員もどんどん増えています。会員数は250万人を超えました。
[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 (2014年3月24日放送)、朝日新聞、日経新聞、産経新聞、AneCan、AERA

with(ウィズ)

TVでもおなじみの、メンタリストDiagoが監修している婚活サービスです。
心理学・統計学を駆使したマッチングで他のサービスにはない出会いが期待できるかも。運命よりも確実な出会いを!

-婚活コラム
-,

Copyright© 婚活で30代があらゆる方法を駆使して結婚する! , 2019 All Rights Reserved.