婚活で30代があらゆる方法を駆使して結婚する!

アラサー世代向けに結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティ、ネット婚活、facebook婚活、婚活アプリなどさまざまな婚活の方法を実践・体験・紹介していきます。

視線の心理はどんなもの?知って恋愛に活用しよう!

   

視線の心理は色々なサインや意味が込められているため、恋愛のスタートにはとても大切。言葉で言えないことを視線で送る心理は、きっと皆さん体験したことがありますよね。好きな人の前では相手の視線がとても気になるもの。

「目は口ほどに物を言う」と昔から言われていますが、相手の心を読み取るためには会話だけではなくて視線の心理を知っておくと、とても便利です。では素敵な恋の始まりになるのはどんな瞬間なのか、知っておきたい視線の心理についてご紹介していきましょう。今好きな人がいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

男女で違う視線の心理を知っておこう

視線の心理は男性と女性によって意味が違います。基本的に男性は興味がない女性に対して視線を合わせることはありません。会話をしていても、なんとなく上の空であまり反応がない、目を合わせてこないという視線の心理は、相手の存在を大切だと感じてない可能性があるでしょう。

逆に好きな女性や興味のある人に対しては、距離感がないほど近づいて目を合わせてくるなど、分かりやすい態度で示してくることがよくあります。
でも女性の場合は、自分の意見に共感してほしい気持ちがあるため、話をする時に相手を見つめてしまう視線の心理があるでしょう。特に気になる男性になると、このような視線を送るサインが多くなります。

男女の違いを理解しておけば、勘違いする場面が少なくなるかもしれません。瞳の中にはその人の本当の心が隠されているのです。

無意識に見てしまうのは好きなサイン

大勢の中でもなんとなく無意識に目が合ってしまう人がいますよね。人間は動物的な本能で、つい興味を持つものに対して自然と目で追ってしまいます。特に男性の場合は動物的な心理が多く働くため、好きな人や綺麗な女性を見てしまうもの。

気になる人と自然と目が合ってしまうのは、お互いに好意を持っているサインの可能性が高いです。また自分が見えないところから見つめてくる場合は、かなり興味を持っている証拠でしょう。それをチェックするには、いきなり振り返るなど相手の不意を衝いてみると良いですね。

他の異性と話をしているシチュエーションは特に気になるので、そんな時こそどこかでじっと見られているかもしれません。視線の心理は、好きでも嫌いでもつい見てしまうことがあるのです。あらゆる場面で、目が合う回数をチェックしておくと相手の心理も分かりやすいでしょう。

目を合わせられないほど好きな場合

カップルになると、お互いの瞳を見つめ合うのは愛情表現の一つですが、まだ告白をしてない好きな相手に対しては、毎回アピールすることが恥ずかしくてできません。相手に自分の気持ちを悟られたくないと思うと、逆に視線が合わせられず目が泳いてしまう場合もあります。

目を合わせられないのは相手のことが嫌いなのではなくて、ドキドキしているためや好きだということがバレたくないためなど。これは自分の本当の気持ちを隠しているサインなのです。

気になる人と強引に視線を合わせようとしても、なかなか見つめ合うことができない時があります。緊張しているからか嫌われているのか慎重な判断が必要な時。

例えばグループで話をしている場合に、好きな人が入ってきたらいきなり話をストップする瞬間があります。明らかに他の人とは違う態度をとってくる場合は、特別な存在になっているはず。

まばたきの回数が多いのは緊張しているサイン

視線には色々な心理があり、恋愛のスタートとして大切なサインを送っていることがよくあります。言葉で伝えられない気持ちを視線で送っても、相手が気が付いてくれない時は残念な気持ちに。

積極的にアプローチできる人もいれば、恥ずかしくて逆に距離を置いてしまうタイプもいます。どのような性格の人でも共通するのが、好きな人が前に来ると緊張するということ。

冷静でいられなくなり、そんな気持ちをどうやって態度に表してくるかは性格によって違います。

一番分かりやすいのは「まばたき」が多くなる時です。好きな人が自分の目の前に立っていると、緊張するのは当たり前。そしてまばたきが多い時は、ドキドキしているサインなのです。

まばたきは不安を隠す時にも回数が増えるため、嘘をついている時や自信がない時にもまばたきの回数をチェックしておくと相手の心理が分かりやすいでしょう。

目を合わせないのは脈なしの可能性あり

脈があるかないか、はっきり相手に聞けない時も視線の心理を知っておくととても便利です。気になる人が自分に対してどんな気持ちを持っているか知りたいのは、ごく自然なことですが、相手に直接聞くのは難しいもの。

そんな時には視線の心理を活用してみましょう。大好きではなくても、多少は好感を抱いてくれている人や今すぐに恋愛に進展しそうなほど盛り上がっている間柄など、プラス的な視線ならいいですよね。しかし嫌われていてまったく脈がない関係では、今後の進展は期待できません。

嫌われていないかどうか知るには、相手が自分をどうやって見ているかチェックしてみましょう。男性は嫌いなものに対しては避ける心理があります。
目線があってもすぐにそらす、近くにいてもまったく目を合わせない、不快な表情をする時は残念ながら恋愛に進展する可能性は少ないかもしれません。

パーソナルスペース内にいるかどうか

視線で送るサインやメッセージを簡単に理解するのは難しいことです。目が合うから好かれていると単純に判断できない場合もあります。そこで視線の心理にプラスして、チェックしたいのが「パーソナルスペース」。

好きな人にはお互いに自分のことを知ってもらいたい欲望があります。しかし嫌いな人や興味がない人に対してはプライベートをシェアすることがありません。会話をする時の距離感も同様に、好きな人とは近づけるけれど嫌いな人とは自然と離れたくなるもの。

こんなパーソナルスペースがどれほどあるか、気になる人と接する時にチェックしてみましょう。一切自分に関することを話さない、または聞いてこないという人はこちらに対して興味が少ないサイン。しかしいつもそばにいる人や過去の恋愛話などを聞いてくる人は、とても興味を示している証拠なのです。

キラキラした瞳で見つめ合う時

好きな人がそばに来ると、自然に笑顔が増えて瞳がキラキラ輝いてしまいます。口元は笑っていても目が怒っているという表情がありますが、視線は本当の気持ちを表すものなのでごまかすことはできません。

好きな人がそばにいると自然に優しい視線になり、自分のことを好きになってもらいために魅力をアピールしようとします。

マイナス的な要素を一切なくすために、目も口元も大好きオーラで一杯になるはず。相手の目を見つめた時にキラキラ輝いているのは、とても良いサインです。興味があるものを見る時は目の瞳孔が開くといわれていますが、輝きを放つほど輝いているのは恋をしているサイン。

気になる人と話をするチャンスがあったら、相手の目をよく見つめてください。どんな輝きがあるか、好感が持てる視線を感じれば恋愛の良いスタートになる可能性は高いでしょう。

まとめ

視線の心理で分かる人の心は、言葉を使わなくても相手に伝わっているのです。好意があるか、それとも嫌われているか、不安な時は相手の瞳をじっと見つめて反応をチェックしてみましょう。

人の心の中を知るのは簡単なことではありませんが、恋愛のチャンスをつかむにはちょっとした視線の動きがとても重要に。好きな人と次のステップに移る前に、視線の心理を活用してみてくださいね。

先月申し込みの多かったfacebookアプリランキング

pairs(ペアーズ)

pairs

男女比は 6:4 と理想的な数値。
国内最大級の400万人の会員を擁するサービス。女性は完全無料ということで、女性会員を増やしています。
1ヶ月プランでも、たったの2,980円と格安です。

Omiai(オミアイ)

検索

男女比は7:3と女性にとっては嬉しい比率。
メディア掲載実績が多数あり、そのため会員もどんどん増えています。会員数は150万人を超えました。
[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 (2014年3月24日放送)、朝日新聞、日経新聞、産経新聞、AneCan、AERA

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

CMでもおなじみ、結婚情報サービス【ゼクシィ】から婚活サービスがスタートしました。
無料会員登録でお試しできるのが嬉しいですね。インターフェースもおしゃれです。
男女比6:4とバランスがよいです。

 - 婚活コラム ,