婚活で30代があらゆる方法を駆使して結婚する!

アラサー世代向けに結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティ、ネット婚活、facebook婚活、婚活アプリなどさまざまな婚活の方法を実践・体験・紹介していきます。

目が泳ぐ時の心理にはこの6つの思いが隠されている!

      2017/12/31

目が泳ぐ心理1目が泳ぐ時の心理状態は、明らかにいつもとは違うもの。会話をしている時や目が合った時に、相手の目が泳ぐと、何かあったのかと気になりますよね。

聞いていいものなのか、聞かない方がいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。気付かないうちに、相手ではなく自分の目が泳いでしまうことも。

目の動きを観察していると、心理がわかってくる場合があります。今回は、どのような心理が見えてくるのかをお伝えしていきましょう。

嘘をついている

目が泳ぐという心理には、気付かれたくない気持ちが隠されています。隠し事をしている場合、バレたらどうしようと言葉に詰まりそうな心境に、焦りを抱いている状態と言えるでしょう。嘘を上手くついているつもりでも、見透かされている気がすると、目が泳ぐ心理になってしまうのです。

心が動揺して目が泳ぐのは、嘘がつけない人柄だから。相手の目を見ようとすればする程、追い詰められた感覚になって、嘘をついていることが辛くなってくるタイプと言えます。

気になった時は、目が泳ぐ回数が一番多かった話題をもう一度振ってみましょう。嘘をついていることが耐えられなくなってきて、嘘をついていたことを打ち明けてくれるかもしれません。ストレートに聞いた方が、つい本音を言ってしまう場合もあるのです。

緊張して落ち着かない

目が泳ぐ心理2緊張し過ぎてしまうと、逃げ出したい気分になります。このドキドキした心理に、気付いたら目が泳ぐことも。恥ずかしがり屋に多く見られるので、緊張し過ぎて耳や頬が赤くなっている場合もあるでしょう。

憧れの人や上司と話す時など、言葉に気を遣うような相手とは目が泳ぐといった心理が働きます。話している相手の目が泳いでいる様子の時は、リラックスできるような砕けた会話をこちらから話しかけてあげるのがコツ。

相手としては、なんとかこちらとの人間関係がうまくいくように…と緊張している場合が多いのです。ひとりでなんとかしなければ…と思う真面目な人に、よくあることでしょう。でも真面目な人柄だからこそどうしても落ち着くことが出来ずに、目が泳いでしまうのです。

こういうタイプの人は、大きく深呼吸して落ち着く手段を取り入れると、張り詰めた緊張感をとかすことが出来るようになるでしょう。穏やかな気持ちで話すことが出来るので、笑顔になれる場合も多いのではないでしょうか。

話についていこうと奮闘中

会話をしている時に、話題についていけずに脳内で考えていると目が泳ぐ状態に。心理を探っていくと、会話の中に入りたいという意欲が強く表れているのです。

仲間と話していても、会話の内容がわからなくなると焦ってしまう場合がありますよね。わからないと素直に質問すればいいのですが、恥ずかしくて聞けない状況では難しいもの。

つい知ったかぶりをして話を合わせてしまう人もいるでしょう。ぎこちない返事の時は、相手が好みそうな会話に変えると、違和感なく会話が進んでいきます。

自分にとって、この話の内容が分かりにくい…と思っていても、それを素直に出せない場合もあるのです。例えばそれを出すことで、自分が無知のように思われるのが嫌というプライドもあるでしょう。

話についていくことができない自分を感じると、劣等感に包まれてしまうこともあるのです。この状態は決していいものではありませんので、できるだけフォローをしてあげるようにしましょう。

そのためには、相手にとって話しやすい話題を少し探ることが必要に。一度でもそれが分かるとやりとりがしやすくなってくるはずです。

苦手意識が強い

異性と話すのが慣れていない時や、人と接するのが苦手な場合は、目が泳ぐという心理状態になることがあります。苦手意識は慣れることで解消されていきますが、経験が必要なので時間が掛かる人もいるでしょう。

会話をする時は、あまり意識させないようなリラックスできる内容を心掛けるのがポイント。会話を無理に広げようとしないで、静かな空気を楽しむこともコミュニケーションのひとつです。

苦手なのは嫌われたくない気持ちの表れなので、不安の心理が垣間見えるでしょう。自分自身の目が泳ぐような心理になった時は、自信を持てるようなイメージトレーニングをすると、不安も解消されて会話も弾むようになり、自分から話せるようになるでしょう。

会話が苦手…という人は、実際に増えている傾向があります。人とのやりとりをしなくても、生活が出来てしまう現代だからこそ、人との会話が苦手になってしまう場合もあるでしょう。

でも人と話すことにより得られることはたくさんあります。これを理解することが出来れば、苦手意識も少しずつ克服できるでしょう。

苦手…と思い込みすぎると、話すことに対して辛さを感じてしまうもの。その雰囲気が相手に伝わることもありますので、相手としても困ってしまうのです。こうなると良い関係が築けなくなる場合が多いですから、最初から諦めの姿勢ではなくて、ポジティブに相手と話すように意識をするようにしたいですね。

必死で思い出している最中

目が泳ぐ時の心理には、必死で相手に伝える言葉を思い出している時があります。伝えたい用件があるのに、思い出せない状況は誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。
左右に目を移動させながら必死で思い浮かべている姿は、見ていると心配になりますが焦らせるのは禁物。相手にこれ以上動揺させないように、ゆっくり待ちましょう。
一生懸命さがこちらにも伝わり、会話の続きが楽しみになりますよね。目が泳がなくなった時が思い出した合図ですので、聞き側に回り会話を楽しむといいでしょう。
この時はつまらなそうにしないで、優しい眼差しを向けると相手としても話しやすくなり好印象を与えることもできるのでお試しくださいね。

迷いや悩みを抱えている状態

目が泳ぐ心理3悩みや迷いがあると、目が泳ぐことがあります。心理を理解して欲しいと心の叫びが聞こえてきそうな雰囲気に、元気のない様子が胸に刺さりそうになる人もいるでしょう。

心の迷いは目の動きや表情に表れやすく、誤魔化しきれない場合があるのです。自分の言葉で言い出せずに態度で表せない不器用な性格は、誰かに悩みを打ち明けたくても心の中で我慢するところがあるでしょう。

心に大きな重荷を背負ってしまい、一人では抱えきれない重圧に悩まされている場合もあるのです。相手を知ると、心の奥が見える時がありますよね。迷いや悩みを打ち明けたい…でもどうすればいいのか分からない…。その思いを少しでも感じた時には、相手に優しい言葉をかけてあげましょう。

相手を見た時に普段よりも元気がないと感じたら、悩みを聞いてあげて肩の荷を下ろしてあげる思いやりを持つことが大切です。

まとめ

目が泳ぐ時の心理は、不安な気持ちがそのまま表れている状態が多いのです。女性よりも男性の方が動揺しやすく、心の中では隠せると思い込んでいますが、誤魔化しきれない不器用な一面も見られるでしょう。

何かを隠していると察した時は、強引に詰め寄り過ぎるのではなく、不安な気持ちや緊張している場合もありますので理解をするようにしたいですね。

そっと様子を見守っていくと、心の内側が見えて理由も明らかになるかもしれません。責めるのではなくて、自然に打ち明けられるような環境を作り出すことにより、異性とだけではなく同性が相手だとしても、何でも話し合える関係になっていくことが出来るでしょう。

先月申し込みの多かったfacebookアプリランキング

pairs(ペアーズ)

pairs

男女比は 6:4 と理想的な数値。
国内最大級の400万人の会員を擁するサービス。女性は完全無料ということで、女性会員を増やしています。
1ヶ月プランでも、たったの2,980円と格安です。

Omiai(オミアイ)

検索

男女比は7:3と女性にとっては嬉しい比率。
メディア掲載実績が多数あり、そのため会員もどんどん増えています。会員数は250万人を超えました。
[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 (2014年3月24日放送)、朝日新聞、日経新聞、産経新聞、AneCan、AERA

with(ウィズ)

TVでもおなじみの、メンタリストDiagoが監修している婚活サービスです。
心理学・統計学を駆使したマッチングで他のサービスにはない出会いが期待できるかも。運命よりも確実な出会いを!

 - 婚活コラム ,